Top > 雇用契約書で「法定休日」と「法定外休日」を明確化するためには

雇用契約書で「法定休日」と「法定外休日」を明確化するためには

会社の休日には法定休日と法定外休日があります。一般的な会社で土日休日の場合は、日曜日が法定休日となります。なぜ明確にしなければならないかと言うと、法定休日はその日に出勤させると休日出勤として割増手当を支払う必要があります。それを知らずに土曜も日曜も同じ休日だからといって出勤をさせるようではトラブルになってしまいます。これらは雇用契約書に明示するべき項目で、休日がいつなのか周知する事です。その上で契約を交わします。

雇用契約書のテンプレート販売

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
雇用契約書で「法定休日」と「法定外休日」を明確化するためには(2019年7月27日)
M字ハゲが原因ならぜひともAGAクリニックに相談をしたほうが良い(2018年1月22日)
企業パーティーフラッシュモブの曲を考える(2017年5月22日)
理想の階段リフォームの価格というのは?(2015年11月 6日)
結婚式余興で盛り上がるサプライズ(2015年7月17日)